2013年12月02日

制御棒侍1〜2 配信開始!

 私も参加させていただいている和の電子音楽コンピレーションアルバム『制御棒侍』シリーズがBandCampで配信されています。

 全曲フルレングス試聴できます。

 mp3はもちろん、flac形式のファイルもダウンロードできます。flacは可逆圧縮という音質の劣化のないファイル形式なのだそうです。
 もちろん、wav(44.1kHz, 16bit)に変換すれば、オーディオCDにできます(最近のソフトなら勝手に変換してくれる…のかな?)。


「映画」とついていますが、架空の映画のサウンドトラックという設定で、曲に和の要素を入れるというコンセプトになっています。


映画「制御棒侍」オリジナルサウンドトラック
(Akinori Nemoto, わたなべかおる, 双子の父, DJ zetu, RON, CardiacTrance, 怖音, KOSMOWORKS, X-traX, CT+X, mistyminds)
http://control-rod-samurai.bandcamp.com/album/control-rod-samurai-haku-the-movie-original-soundtrack-1-1


映画「制御棒侍」オリジナルサウンドトラック 2
(ヨナオケイシ,RON,双子の父,A.Nemoto,mistyminds,怖音,東條平八郎+無限起動,TuKuRu,サイモンガー・モバイル,CardiacT,DJ zetu,X-traX,コスモワークス)
http://control-rod-samurai.bandcamp.com/album/control-rod-samurai-haku-the-movie-original-soundtrack-2-2


 もし、気に入った曲がありましたら、ぜひ、アーティストの方へ感想を伝えてあげてください。
 しっかりパッケージの作られている企画なので、一見すると華やかに見えるかもしれませんが、意外と1人寂しく作っていたりしますので。



 価格のほうですが、例えば制御棒侍2には "$10 USD or more" (2013/12/02時点)と表示されています。
IMG_0482.JPG
 10ドル以上を支払えばアルバムをダウンロードできます(米ドルです)。

 これは、「価格は10ドルですが、アーティスト(企画)を応援したい場合は、それ以上払えます」というような意味なのだそうです。

 1曲ごとの購入は1ドル以上となっています。

 たとえば、「DJ zetuの曲は最高だ! オレは50,000ドル払うぜ!!!」なんて、粋なことも可能です。
IMG_0487.JPG
 ウソですウソです。冗談です。

 普通に支払いたいと思った金額でお願いいたします。無理されてもかえって傷つきます。

"Check out now" が 「今すぐ買う」です。

"Add to cart" は 「他の商品とまとめて支払う」です。引き続き他の曲を聴いてからまとめて支払いたい場合、こちらを選びます。
 BandCamp内の他のアーティストやアルバムでも一緒に支払えます。

 支払いは "VISA" "MASTER CARD" 等のほか、ペイパルでも可能です。


 説教くさくなるとかっこ悪いから、あまり大っぴらに言いたくはないですが…、

 アルバムを作って売るということは、華やかに見えるかもしれませんが、CD版はとても豪華な装丁で、価格設定はギリギリなはず。
 正直、私は、プレス代を検索して、青くなりました。

 主催のCardiac Tranceさんは、儲けが出たらアーティストに還元、ということを実行しています。

 そして、毎回10組程度の参加者で割りますので、1人が受け取る報酬は…、あったとしても、ごくごく少ないものです。

 みんなで負担を分け合いながら成り立っている企画となっております。

「だからお金を払って買って」とは言わないです。気に入って、「ほしい」と思った方だけ買ってくだされば、それだけで十分です。

 企画を立ち上げてみんなで実現させることは、決して楽ではないし、別にお金なんか儲からないです。

 たぶん、「音楽が好き」という気持ちだけで、やっているんだと思います。

 それを少しでいいので汲み取っていただけると嬉しいです。

 とくに、主催して続けていくことって、大変だと思いますよ!!!


 ところで、買ってください買ってください言っておりますが、

 もしかして、クレジットカードをお持ちでない?
 もしくは、クレジットカードをネットで使うのが怖い?

 実は私も同じです。でも、ちゃんと購入できます。
 iTunes, beatport等、他の音楽配信サイトでも、多くの場合、同じ方法で購入できます。

 果たしてその方法とは!?



 まず、VISAデビット機能のついている、キャッシュカードを作ります。
 軽く検索してみたところ、

http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/benri/visa_debit/
http://www.bk.mufg.jp/tsukau/visadebit/index.html
http://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/
http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/hiraku/visa_debit/card/jmb/index.html
http://www.japannetbank.co.jp/service/payment/cardless/index.html

 けっこうたくさん出てきました。

 お近くにATMのある銀行ですと入出金に手数料かからなくて無難だと思います。が、それは皆様の扱いやすいところを選んでください。


 ちなみに、上記リンクはアフィリエイトではありませんので、このブログを通じて皆様が口座を作ったところで、私には1銭の収入もございません。
 応援したいという奇特な方がいらっしゃいましたら、直接現金でおねが…いえ、なんでもございません。

 おそらく、口座ができるまで、数週間かかると思います。たぶん、ネット経由ですと、申込用紙や本人確認の書類を送って、口座を作ってもらって、カードを送ってもらう形になるはず。

 普段使っているものとは別の口座にしておけば、使いすぎなくて安心、という面もあるでしょうね。

 検索すると、情報が出てくると思いますので、参照してみてください。


 クレジットカードやVISAデビットは持っているけれど、ネットで登録したくない方には、ペイパルを通じて支払うという方法があります。

 ペイパルにカード情報を登録しなければなりませんが、お店のほうにカード情報はいかないシステムになっているようです。

 多くのショップやオークションサイトで使えるようです。

 アカウントはとりあえず「パーソナル」を選んでおけばOKです。後から変更できるそうです。

ペイパル
https://www.paypal.jp/

 こちらも検索するとたくさん情報が出てきますので参照してみてください。

 きちんとした企業ですので問題ないと思いますが、この文章を書いている人はきちんとしていないので、記事の内容を実行する際には、自己責任でお願いいたします。
 質問等ございましたら分かる範囲で対応させていただきます。
ラベル:制御棒侍
posted by DJ Zetu at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作った曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック